豊胸の種類について

豊胸と言えば、バストにバッグを入れる大掛かりな手術を想像しがちですが、現代の豊胸手術は、バッグを入れるものから、脂肪幹細胞を注入するもの、ヒアルロン酸を注入するものなど、手軽に行えるものが増えてきました。

バッグも一昔前よりも、より自然な柔らかさと破れない強度があります。

その中でも、比較的手軽に行えるものが、ヒアルロン酸注入の豊胸手術です。

メスを使わずに豊胸することができ、低価格、注入する場所や量の調節も行えるので、自由にバストをデザインすることができるので、好みのバストに近づくことができます。

胸にもう少しボリュームを出したい方、左右の大きさを整えたい方、ハリを出したい方、なかなか長い休みが取れない方などに良い方法です。

注射器を使い、バストにヒアルロン酸を注入します。

20~30分程で施術は終了し、処置後の傷跡は極細の針穴だけなので目立ちません。

あなたに合った条件でYoutubeに関する疑問にお答えします。

メスを使わないので、入院する必要もありません。
痛みを抑える為に、局所麻酔を使用しますが、その日のうちに帰宅することができ、翌日からはいつもの生活に戻ることが可能です。

大阪の豊胸のココだけの話をしましょう。

ヒアルロン酸は、人間の身体に存在する成分なので、副作用が起こりにくいのが特徴です。

東京の豊胸が最近こちらで話題になっています。

個人差はありますが、1度注入すると約2年間は効果の持続をすることができます。

将来的な出産や授乳に関しても問題なく行うことができるので安心です。術後に鈍痛があったり、稀に、腫れや内出血を起こすことがありますが、1週間程度で改善します。


MENU