経験者が保育士の求人に応募するメリットとは何ですか

経験者が保育士の求人に応募すると、第一線で活躍できる、給料がすぐに上昇、新人教育を任されるなどのメリットがあります。

採用されると経験が豊富なことから、園児達の面倒を見たり、一緒に散歩をするなど第一線で活躍することが可能です。
調理の補助から書類作成方法まで、一通り経験しているため、ベテランとして一目置かれる存在になります。求人票に経験者優遇と書いてあった時は、面接官が履歴書の職歴を見ると、即採用になる可能性が高いです。

保育士の現場は常に人材を求めているので、経験者は有り難い存在と言えます。


それに仕事をこなす量が誰よりも多いため、給料の上昇速度は同僚よりも早くなります。

ただ、あまり目立ってしまうと、他の保育士達の仕事が減るので程々にしたほうがいいです。

保育園の求人の相談ならココです。

求人票で採用されて、しばらく時間がすぎると、大卒の保育士が保育園に入って来ることがあります。


大卒といっても社会人として働いた経験は浅いため、失敗ばかりする困った存在となる可能性が高いです。

園長はおそらくですが、新人教育をお願いしてくると思われます。



その時は、厄介な役回りだと感じてもおかしくないです。


ですが、新人が上手く育つと将来の園長候補になることもあります。

それに、新人教育中は給料のほうに何らかの手当がつくので、やってみる甲斐は十分あります。初めの数ヶ月は失敗が目立つはずですが、徐々に仕事に慣れてきて、頼もしい存在に成長していきます。



その場合は、園長と祝杯を挙げるのも悪くないです。